月別アーカイブ: 2018年9月

官僚の正義_いまだ死なず

以前にも書いたのですが、ひとりネットは生保の斡旋屋ではありませんし、出来るなら生保は受けない方が良いと思っています。

しかし、やむを得ない状況なら、有難く受給すべきでしょう。

生保の方にお願いです。生保法から逸脱しないで下さい。有り難みを理解して下さい。手取りは少ないけれど免除も多いので相殺です。

知ってます。この額では、食うて寝てそれだけ。です。保護費は下がるけど、職員のボーナスは上がってます。コンチクショー。

このカラクリは国家に従順な公務員を養成する為の国策です。そして国は格差を広げ、分断を煽り、ことの核心を見えなくし、自分たちを含め一部の人間だけが贅沢できるよう画策し、それが成就しているのです。

モリカケで職員さんが自死されました。良心の呵責に耐えられなかったのでしょう。この人は正義だった。

こんな状況のなか、自己保身に走る、つまり市民側ではなく国家側につく公務員を誰が責めれますか。

法律というのは、その法律が正しいか正しくないか。ここが原点です。「決まってる事だから」の決まり文句は誤りだと思います。
そしてこの大問題の是正は上位の人達に任せたいと思っています。

ひとりネットに出来る事は現行法の中で、不当な不利益を受けないようにする事。

公務員も色々で、とても頑張ってらっしゃる人が居る一方、妙な選民意識を持って市民を見下し不当な要求を突きつけてくる人も居ます。

こと、生保行政はその両極が表出することが多いように思います。
そんな時は徹底抗戦しかありません。連中にとっては「こいつ一人死んでも大勢に影響は無い」ですが、こちらにすれば「」が掛かってます。闘うしかないです。

半官半民の組織は全く役に立たないし、生保問題対策全国会議も、その他も、忙しいですから、急な話には対応できません。

前述しましたが、現行法の中で与えられた権利を行使するのです。末端の悪役人に対抗するには、上位の機関にその是非を求めるのです。現行法の範疇という頼りない路線ですが、市井の我々にはこの方法しかない。ここで弾かれたら策の再構築が必要ですが、事態の特殊性や急迫性を勘案すれば、それでは間に合わない。

今回のケースでは、厚労省社会援護局と地元自治体の査察Gを頼みの綱として、全力を掛けました。

そうして事態は一変し、一人の尊いが救われました。

自公維による人間軽視が強行され、選民思想の勘違い公僕が勢いづく一方で、現場や行政最上級機関の公務員、この人達の正義は未だ消えてなかった

一緒に、まっとうな、生活を、取り戻しませんか

0927-05:25追記
落ちる瞬間をじっと見ていると、どうも bios が何かしらの異常を感知して、わざと落としてるように思います。つまり電源が落ちて意図せず bios が混乱しているのでなく、bios 制御下にて落ちている模様。と言うことは、bios の感知できる電源供給の不安定や過熱系かな? 蓋の開閉状態如何で落ちるまでの時間が違うような感覚。しかしモニター上は異常値を見つけられない。このマザーは古いみたいで、もう売ってないです。今月はお金ないので暫くこのフラッグマシンは休眠せざるを得ません。再稼働禁止の仮処分を食らってしまいました。
昨日は某件で厚労省社会援護局保護課にご指導を賜りました。今日は同省監査室に電話する予定です。体調が良くないのでシンドイです。

0925-20:45追記
カーネルアップデートより不具合発生(のような)。
UEFI ??
genisoimage -o P7H57D-V-EVO-ASUS-1903.iso -V P7H57D-V-EVO-ASUS-1903.ROM
XfBurn → CD
bios update successful !
ダメ。まだ落ちる。今月はお金ないです。ヘルプミー。

0924-03:18追記
また落ちた。
いったん落ちると暫くは起動>落ちるを繰り返す。cmos クリア放置で bios 復帰。デフォルト読み込んで bios から上位に。それから nptdate と hwclock して電池入れて。オーバーヒートかな? あくまでソフト上だが常時モニタしてみると40度を超える事が無いです。触ってみるとブリッジが熱い。cpu グリス再充填とブリッジに放熱フィンを付けてみます。
600W電源を載せてるし、動画編集など過負荷は掛けてないし、て言うか、真夏に連続 cpu100% 10 分以上でも落ちることなかったし。こうやってる間にも落ちて os グチャグチャは嫌だし。さきほどは ubuntu で youtube チャンネル作成中で落ちました。今は debian で書き込んでます。
ただいま cpu37度前後。
端子間にホコリついてるので短絡かな?それは無いでしょう。いや、潰せるものは潰しておきます。LAN に繋げてる他機4台のファイルサーバも兼ねてるので、このマシーンを失うと、ひとりネットITも崩壊しちゃう。お金ないし困りました。
————————-
コンデンサかなー? メモリや CPU は生きてるなー…….
ハードウェアには弱いからボードの中古しか策は無いかぁ、はぁあ、来年の夏は乗り切れない冷蔵庫と、騙し騙し改修して使ってる洗濯機のお金を貯めてるのになぁ…………

やった!起動成功。しかし、ハード構成が崩れて CPU 速度可変を利用できない。
bios の設定を見直して、あと OS 側でゴニョゴニョ。治った。助かった。

復活した debian9 のデスクトップ画面
復活した debian9 のデスクトップ画面

貧乏人の皆さん、一緒に再起動しませんか。底辺より連帯のメッセージ。

障がい者が可哀相 !?

そもそも、マイノリティの意見を取り込んでない、マジョリティにのみ合わせ構築された社会が問題なのであって、この人達に何の責任も無い。これさえ抑えておけば、こんな歪は出ないと思いたいのです。

街で見掛ける「障がい」の人達。

この人達のことを「可哀相」と涙ぐんでまで思い詰める人が居ます。精神然り、身体然り、前述の構造ゆえに、かの人達にとれば不自由な事は多いです。けれど、かの人達はその中で懸命に工夫と努力を重ね、不便を乗り越えようとしてます。歩みが不安定でも、道路に段差があっても、乗り越えてゆきます。それはマジョリティから見れば、鈍足で危なっかしい事なのでしょう。

しかし、その懸命な姿勢を理解せずして、「可哀相」という発想が出てくるのは、一体どういう神経してるのでしょう。

求められれば手伝えばいい、求める勇気の無い人には声を掛ければいい、それだけの事です。

精神障がいも同じです。誰でも罹患する可能性があります。

たまたま病気や障がいを持ってしまっただけの「単なる人間」に過ぎない。配慮は必要でも、特別の哀れみなど要らないし、求められてもいない。

可哀相!?

それは差別ではないのか。

私も完全無欠かと問われれば自信ありません。精進する所存です。

青い芝の会

誰が精神障がい者を差別しているか教えてあげましょうか。
誰が精神障がい者を差別しているか教えてあげましょうか。
君です
君です。