わかり易い「虐待」の話

施設における虐待の一面を超簡略に云うと「逃げ場が無い(他に行くとこが無い)利用者側の弱みと介護側(職員)の強みで成立している」的ニュアンスです。
以前から私が思考していた事と合致します。
これは私の活動分野においても散見されます。介護施設でなくとも病院、特に精神系ではこの傾向を強く感じます。

強い側と云うと悪者みたいですが、実はそこにも解決すべき問題があるようです。これも私は思考していました。

施設における虐待の仕組一例
施設における虐待の仕組一例
虐待が施設に限らず在宅の例も多いそうです。これも虐待行使側(強者)だけに問題があるのではなく、虐待側の地域孤立等の課題解決が望まれます。
虐待と喧嘩の差異についてですが、これは個人情報その他の障壁を一掃し介入すべきか否かの判断材料ともなり、何処まで放置(傍観・様子見)で何処からは介入推奨なのか分かりやすく説明すると、攻撃されている側に反撃の余力がある場合、それは喧嘩の範囲である。強弱関係が確立していて、それでも未だ攻撃が続くようなら歯止めが効かなくなり虐待へと推移する。少し早いが、この時点で介入した方が被害は小さく済む。

虐待防止の法的位置付けについて、「保護」ではなく「支援」であり、その違いは当事者が主体性を持っているか否かでありましょう。これは虐待問題だけでなく、あらゆる支援で言える事です。支援者は当事者そっちのけで行政や相手と話してはならず、あくまでも当事者の意向に沿った動きをしなければなりません。
丸投げで完全依存(依頼)してくる人も中には居ますが、私たち支援側は解決方法の選択肢提示や実行動を担っても、決定を下すのは当事者であって欲しい、そうでないと当事者は経験を積まず何も学べないからです。これは極論であって、全く判断も実行動も出来ない人への支援では、必ずしもそうは行かない事もある事は追記しておきたいと存じます。

虐待防止法の成立は国(厚労省等)ではなく議員立法=市民の声に押されたものです。弱肉強食の世知辛い日本になりつつある今でも、まだ捨てたものでは無いのでしょうか。

高齢者の社会的地位後退については、言わずもがな、新自由主義が台頭しているからに間違いは無いのでした。日本は先進国では無いのです。ヨーロッパの20年後追いです。

ゴールデンウィーク行くあて無い人へ

いつでも寄って下さい。弊会は盆暮れ正月すべて通常運行です。

GWは行くとこも金も無いひと集まれチラシ
GWは行くとこも金も無いひと集まれチラシ
GWは行くとこも金も無いひと集まれ
PDF チラシ

弊会は、ギャンブルはダメ、酒はダメ、とか一切言いませんよ。
「あなたの健康状態や収支に応じて、相応の範疇で節度を持って嗜んで下さい」と言います。
自動車を持てない経済の人、高額な趣味を楽しめない人が、月に数時間、0.2円パチンコで、ササヤカで慎ましい娯楽を享受することを、批判する連中には大いに反論します。

枚方市高齢者肺炎球菌予防接種と家族資源と解決策

枚方市予防接種 中の、枚方市高齢者肺炎球菌予防接種の話。

特に非課税世帯の人は、注射代を免除してくれる、有り難い制度です。
希望する人は積極的に受診しましょう。

ところが、これには大きな落とし穴があって、結局は他の付随行為で、せっかく免除して頂ける金額を超過する支出可能性を持ちます。

これの注射代を免除して貰うには、保健所へ申請書の提出が必要なんです。
それも、その場所が枚方市駅周辺ではなく、中宮だそうです。

近所の人は徒歩圏内でも、少し離れると、公共交通1本で到達できません。バスしかないので、その路線至近以外の人は乗り継ぎが必要です。
仮にバス1区間と電車2駅とすれば、往復で460円+420円となり、二人の場合は免除額に届きます。二人と云うのは、当事者と支援する人(家族等)の計算です。

(1)
これとて、付き添ってくれる家族が居る前提です。
(2)
自動車を持つ層であれば非課税は少ないでしょう。
(3)
付き添い有無に係らず、ただでさえ高齢ゆえの体力低下で、公共交通さえ辛いです。

極例を出しますと、生保の高齢独居者です。
故に、希望しても、注射という福祉を享受できない可能性が大きい。

保健所からこの手順を聞いた時、「そんな交通不便な所へ、高齢・貧乏の人が、どうやって辿り着くねん」と反論した際、すぐに上司らしき(または担当さん)に電話が代わり、攻防中に最短手順を導いたので、停戦となりました。

実績を残した確かな事しか言えないので、ここでは生保の人限定である事をご容赦ください。

最短は受給証明書です。ただしこれも家族資源を持たない人にとれば、2度手間の辛さは残ります
ただ、もしかすると、リベラル福祉事務所の親切ワーカーさんに当たってる人は、それを郵送して下さるかも知れません。相談してみて良いかも。

高齢虚弱者にとって大変に辛い二度手間を省くため、保健所に「そちらから病院へ連絡を入れて確約しといてね」と要請しておけば完璧です。今回の場合は、これで第一希望病院が受付けてない事を、予め知れました。

頼れる家族が居ない人は、こちらで代行も可能です。ただし有料。会員さんは無償。

遠方に居る、仕事で忙しい、色々なご事情で、オフクロ、オヤジが心配だけれど対応できない。そんな悩みを抱えるご家族さんに、力強いご家族の代わりも担います。ご相談ください。実績蓄積中。

要支援の人は包括が独占支配してるのです。仕事しろや包括。

通知書に手順が書いてないこと自体、声を上げられないサイレントマイノリティを黙殺する、もはや憲法違反だと存じます。