精神病院の入院名称

以下を見て頂けると分かりますが、逃げようのないパターンもあります。明日は我が身、他人事ではありません。

厚労省なども呼びかけていますが、精神病罹患は誰にでも可能性があります。偏見を持ち続ければ続けるほど、(正常だと思ってる)自分の未来を狭めます。

「自分自身」がそうなってしまった時、どのような処遇を望むのか、それに思いを馳せますと、今、そこに居る人達を理解する一片を得られないでしょうか。

精神病院入院工程マトリックス
名称 家族同意 本人同意 決める人 主な理由 備考
任意入院 不要 必要 あなた 望んで入院したい あなたから退院の意思表示があれば退院できる。ただし指定医の判断次第で72時間入院させられる。精神保健福祉法20条。
措置入院 不要 不要 一般市民(22条)、警察官(23条)、検察官(24条)、保健観察所長(25条)、矯正施設長(26条)。都道府県知事、2名以上の精神保健福指定医。 自傷他害の恐れあり。 精神保健福祉法29条。
緊急措置入院 不要 不要 上記の内容に加えて、精神保健指定医1名で可能。 自傷他害の恐れあり。措置入院の正規手続が行えないほどの緊急性あり。 精神保健福祉法29条、29条の2。72時間以内の制限付。
医療保護入院 必要 不要 家族その他、市町村の長(33条第2項、第3項)。精神保健指定医。 自傷他害の恐れは無いけれど、家族その他の希望により。 精神保健福祉法33条。
応急入院 不要 不要 精神保健指定医、特定医師。 任意入院が見込めない人。(応急入院で移送されてきた人を含む)。 精神保健福祉法33条の7。基本は72時間以内、特定医師の場合は12時間以内。

略 – 本章では、精神障害者の医療と福祉はもとより、精神保健福祉士の業務をも規定する精神保健福祉法の各条項について内容を学習した。あらためて精神障害者に対する医療が一般医療と区別され、人権にかかる様々な制約があることが分かる。精神保健福祉士の業務も精神保健福祉法によって制約されているが、精神障害者の生活実態を踏まえ、逆に精神保健福祉法を改善していくために、どのような取組を行う事ができるか考えてみよう。
from
「本章の学びから得るべき視点と課題」
精神保健福祉に関する制度とサービス 第3章精神保健福祉法の概要 中央法規

多職種連携と権利擁護

多職種連携、チームアプローチ、理念は素敵ですが、これらの治験者として格好のターゲットにされているのが独居の生活保護受給者です。

自分らの実績を残す為に、人権侵害が横行している側面を見ています。それも今回は2例目です。

具体的には、訪問介護と訪問看護と地域包括が、前述生保者に対して、冷蔵庫新調の強要、壊れた自転車を譲渡する形での修理代強要等が挙げられます。

冷蔵庫新調の強要については、それが、医学的介護的に必要であるのならば、つまり根拠を持つのならば、まず「連携側」が福祉事務所にそれを相談すべきです。現在、新規住居の場合を除き、冷蔵庫は什器費として認められていませんが、福祉事務所は裁量権を持っており、どちらにでも解釈できる常套句「真にやむを得ない状況」であれば、考えてくれる可能性はゼロと言えません。

自転車については、近頃のママチャリは1万円出せば買えます。チューブやタイヤにブレーキを新調すれば元が取れない状態です。

このような疑問を孕む状況で、当事者は承諾を迫られました。密室で多職種連携の複数人に迫られれば、断ることが難しいと容易に予測できます。結果、わずか7万円程度の月収の半分以上を出費せねばなりません。この人にとって死活問題です。

基本的に生活保護受給者はスティグマを抱えています。本来あってはならない事ですが、保護課の職員さんでなくとも、治療を担当する者とされる者(サービス提供側と受給側)では、圧倒的な力の差があります。この中で、どこまで自己決定が尊重されたのか。まったく不透明です。

家族、友人、知り合い、横でヤイヤイ意見してくれる、援護者不在のあなたは、こうしていとも簡単に人権を侵害されます。

今回の件では、当事者が穏便を希望されているので、弊会は沈黙します。
もし、同じような疑問を感じている人は相談ください。

弊会の目的の一つに「社会資源利用支援とそれらを担う公的・準公的機関に対する職務遂行監視」があります。
あなたの権利を擁護します。

タスクマネージャー
タスクマネージャー

居場所大学校

公的福祉が停止する祝祭日や、そもそも、そんな集いに行けるなら苦労しない、そうお嘆きのアナタへ。薄っぺらいマイノリティ対応に嫌気が刺してるアナタへ。お金のないアナタへ。孤独なアナタへ。孤立してるアナタへ。生きる価値を失いつつあるアナタへ。
あなたをエンパワメントし、変革を求めるセツルメンター。

居場所大学校の看板
居場所大学校看板
家庭の事情で勉強が困難な若い人、うちに来て勉強したら?
努力も根性も要らないから、出来ることやってみませんか。貧困の連鎖を断ち切れ、そして後へ続く人達の力に。