「税金支払困難」カテゴリーアーカイブ

税金支払いが難しいとき

国保の滞納原因

こちら大阪府枚方(ひらかた)市の国保課には、「国保滞納でも財産差し押さえます!」と物騒な看板が掲示されてます。
ご丁寧に差押で引き上げ最中のボコボコにされた自動車などの写真付です。
皆様の自治体では如何ですか。

ほとんどの滞納は「払いたくても払えない」だと存じますが、届いた通知書類を見て「何だか理解できない」というパターンも相当数ありそうです。そのような一例へ実際に当たりました。

後期高齢の通知書。分厚い冊子が届いて、3期だの4期だの書いてる書類を見たら、引くのは普通でしょう。
後期高齢の通知書。分厚い冊子が届いて、3期だの4期だの書いてる書類を見たら、引くのは普通でしょう。

しっかりした家族とか友人とか縁を持つ人は気づくかも知れませんし、払えないなら払えないで何らかの行動に移るでしょう。
市の方も「とにかく相談に来てくれ」と再三のメッセージは出してますが、怒られるのでは、とか、丸め込まれるのでは、とか、怖がってる人も居ましょうし、はなっから届いた書類の意味が分からないと云う事で、放置してる可能性が大きいと予測できます。

支援の繋がりを持たない人で、様々な意味で社会への対応力を失ってる人がたくさん居て、その人達が切迫したとき、備えの無い困難と、履行義務を果たせてなかった困難が重なって、どうにもならなくなります。

ひとりネットに相談ください。

ぶっちゃけ、児童擁護施設から社会に放り出されて孤立無援な人、我々の列に加わりませんか

入院のリース契約が高いシンドイ人へ

昨今の病院は入院日用品の確保を、民間リース会社との強制契約で利用されてる患者さんが多いのでしょうか。

オムツの必要な人は高い割合でリース契約させられるみたいですね。

衣類の洗濯や歯磨き等の日用品供給を家族が担ってくれる場合でも、リース強制契約だそうです。

これは学校の給食と似たケースで、助けてくれる家族の在る者と、そうでない者との格差を埋めると云った、ある意味「公平性」の確保に繋がるような気もします。

しかし、家族自体が貧乏だとか、生保の長期入院者ですと、入院日用品費の半分くらいは持って行かれてしまい、これはシンドイです。

そもそも病院が承諾してくれないと無理なのですが、これらの衣類洗濯や入院日用品の授受供給を、ひとりネットが代行できます。

洗濯機の償却代や洗剤に電気代に搬送(バイク自転車電車バス)を勘案すれば、無料とはいきませんが、半額前後か以下で請け負えると存じます。

実を言いいますと、ひとりネットは既に実績を持ってます。それどころか強制契約させられて生活に困窮された人の契約を、これまた契約解除強行した実績も有ります。

簡単とは言えませんが、良心的な病院だと、経済的事情など正当な理由であれば、了承してくれるかも知れません。なんせ実績ありますから。

現状は地域、更に病院が了承してくれる場合、更にはオムツ等を計算すれば、どっちが安いか分からない、といった限定ですが、もし経済的事情を抱えていらっしゃるなら、一度ひとりネットに相談してみて下さいませんか。

入院中の洗濯その他

生活支援員制度は福祉の質を低下させる

ご存知のとおり、要介護から外れた要支援の人達には、身体介護などを行えるヘルパーさんが来なくなります。

生活支援員という御用聞きみたいなものしか訪問しません。

かくゆう私も生活支援員の資格だけは取りました。私は元々技術者上がりの端くれです。今さら4年制大や専門学校に行く時間も「金!」も有りませんし、実務経験を満たす事も難しいですから。

簡単に取れるという事で沢山の人が受講に来られてます。ところが来場者の結構な数の中身はシルバー人材から来たような「給料欲しさ」の人達が多いように思います。

これは保険福祉士や昨今の若年有資格者にも言える事です。現場を経験してない、自身が割と裕福な家庭で育っているので「貧困の現場」を知らない者が多いように経験から感じます。(特に福祉系の大学や専門学校は金が要ります、つまり理論だけ、試験を通っただけの人間)

中には本当に患者の人生や生活の背景なで考慮した助言を下さる優れたMSWも居らっしゃいます。私はこの方々を先生と呼んでいます。

福祉というのは高い志を持った人、困ってる人や弱ってる人の側に立てる人が担うべきものだと思います。皆さんは如何お考えでしょう。

このような歪んだ福祉人員の構成の一番の原因は国策です。
市町村福祉事務所のCWさんの中には本当に福祉精神を持って対応くださる人が居ます。しかし殆どの者は一般行政職の職員です。
また、いくらやる気のある公務員であっても、やはり国策により、困っている人を切り捨てる方向に動かないと人事評価が悪くなります。こんな構成で公正な市民サービスを提供できるわけありません。

全ては国策です。大手メディアの吐き出す現政権の支持率は確実に操作された数値です。地方紙では全く違う数値が出ていますよ。

そもそも貧乏の年配の方々にお伺いします。
年金引き下げ、介護度引き下げ、老齢加算廃止、強引な介護料天引き、まだまだ沢山ありますが、これはあなたの自己責任ですか?
まだ現政権を支持あるいは傍観するのでしょうか。

福祉サービスの質は、これからも下がり続けるでしょう。
国が赤字? それは使い道を間違ってるだけ。公務員の給料は上がり続けていますよ?
ただ間違えないで下さい。公務員は敵でありません。低い方に合わせるのでなく高い方に合わせるために、低い方は努力しなければなりません。努力ってのは「自己努力」という自己責任ではありませんよ。よくお考え下さい。

福祉の質はまだまだ下がります。どこかで歯止めを掛けねばならない、そう思います。おじいちゃん、おばぁちゃん、如何お感じでしょうか。