カテゴリー別アーカイブ: 病院

病院の上手な掛かり方や支払い融通

続 弱者切捨てが始まった

こんにちわ。名ばかり理事長です。

枚方市の基幹病院の双璧である星ヶ丘医療センター(旧厚生年金病院)と市立ひらかた病院(旧市民病院)を経由して枚方市駅とを結ぶ、京阪バスの100円循環バスが廃止されました。

この為か、試験運転とされる年金病院のシャトルバスが定員オーバーで乗車できず、次の便まで30分も立ちっぱなしで待たされる事象が常態化しています。

病院に行く人は程度の差はあれど「病人」です。寒空、暑空、雨天の中、座る場所もなく半時間を持たされる辛さは容易に想像できます。

お金のある人はタクシー或いは正規の230円で通常の路線バスを使うでしょう。家族のある人は家族が送ってくれるかも知れません。

いつだって、痛み弱者に皺寄せです。

100円バスを廃止した京阪を責める事は出来ません。民間会社が採算の取れない路線を維持するのは困難です。むしろ継続を模索しなかった自治体の責任です。

夕方の御用テレビを見てる皆さん。「財政難だから仕方ない」を刷り込まれていませんか。
軍事費に5兆2億円は使えるのですよ?

財政難だから貧乏人は潔く死ぬ覚悟ですか。その覚悟を権利奪還の為に使いませんか。
そもそも貧乏スパイラルから抜け出せないのは100%自己責任だと本当に考えてるのですか。
社会資源、家庭資源に恵まれなかった故の、貴方の今の窮状は、貴方の自己責任ではない
人権世界に居る人たちの常識です。

100円バスが姿を消したのは「(弱者の)身を切る改革」を声高に叫び続ける者どもと周辺の輩の成果です。
頼まれたから等の安易な理由ではなく、ご自身で考えた上で、例えば選挙は投票しませんか。

権利は与えられるものでなく勝ち取るものです。権利を与えられなければ義務も果たせない。

生きづらさを抱えて引きこもってる人、ギリギリで生活してる余裕の無いお母さん、低年金で人生を謳歌できない高齢の皆さん、親の収入の為に進学を諦めかけてる学生さん、どうしようもない怒りと悲しみと自己憐憫で死ぬる覚悟の皆さん。
その覚悟を違う方向へ転換して下さい。

生きろ! 生きて奴らにやり返せ!
門真市議 戸田ひさよしさんの言葉から

弱者切捨てが始まった

こんにちわ。名ばかり代表の竹谷です。

何を今更。そうお感じの人もいらっしゃる事でしょう。

会員さん宅に重度障害者医療医療証(従来でいう老人医療症等)の通知が来ました。

2018年4月から負担増になります。

現行 新制度
1医療機関の窓口負担 入院・通院ごとに500円 / 1日まで
∗ 院外調剤・治療用装具はゼロ負担
入院・通院・院外調剤訪問看護ごとに500円 / 1日まで
1医療機関あたりの負担上限 月2回まで 受診のたびに負担あり
月額上限額 2500円 3000円

そんなに変わらないやん、なんて騙されてはなりません。薬局でも金を取られる事になりますよ。リハビリに週3回行く人は毎回支払いが出ますよ。

月額上限額を超えた場合に、打ち止めしてくれるか、やはり支払を要求されるか
病院の裁量!だそうです。
(従来の高額療養費申請の代わりが後述の自動償還依頼)

明らかな受診抑制でしょう。世界に誇れる日本の皆保険制度・助け合い精神の伝統は、崩壊の半ばまで来ています。

枚方市の国保課(医療助成課)に聞いたところ、府の方針に沿う事になった故との回答でした。

国保課の窓口を責めたって仕方ありません。どこの誰が賛成に回ったのか調べています。

大阪府議会会議録検索システム
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/osakafu/index.html

平成29年9月定例会健康福祉常任委員会
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=osaosaf&PWD=&A=frameNittei_etu&XM=000000000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac29%94%4e&B=-1&T=-1&T0=-1&O=-1&P1=&P2=&P3=&P=1&K=1886&N=30065&W1=&W2=&W3=&W4=&DU=0

平成29年9月定例会健康福祉常任委員会-10月26日-01号
http://kaigiroku.gikai-web.jp/kaigiroku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?A=frameNittei&USR=osaosaf&PWD=&L=1&DU=0&R=K_H29_10266301_KAI_L00000079_00000309

ちょっと沢山ありすぎて探すの難儀していますが、だいたい見当は付くでしょ?
彼らの云う「身を切る改革」とは「弱者の身を切る」事です。それでも未だ迷信しますか?

少しだけ情報です。
「自動償還依頼書兼個人番号使用同意書」において、個人番号(マイナンバー)記入欄が有りますが、無記入でも受け付けてくれます

明日は我が身、あなたに降り掛かってきた、その時に考えても遅いのです。格差の上に居ると思ってる人が転落するのは、あっけない。

入院のリース契約が高いシンドイ人へ

昨今の病院は入院日用品の確保を、民間リース会社との強制契約で利用されてる患者さんが多いのでしょうか。

オムツの必要な人は高い割合でリース契約させられるみたいですね。

衣類の洗濯や歯磨き等の日用品供給を家族が担ってくれる場合でも、リース強制契約だそうです。

これは学校の給食と似たケースで、助けてくれる家族の在る者と、そうでない者との格差を埋めると云った、ある意味「公平性」の確保に繋がるような気もします。

しかし、家族自体が貧乏だとか、生保の長期入院者ですと、入院日用品費の半分くらいは持って行かれてしまい、これはシンドイです。

そもそも病院が承諾してくれないと無理なのですが、これらの衣類洗濯や入院日用品の授受供給を、ひとりネットが代行できます。

洗濯機の償却代や洗剤に電気代に搬送(バイク自転車電車バス)を勘案すれば、無料とはいきませんが、半額前後か以下で請け負えると存じます。

実を言いいますと、ひとりネットは既に実績を持ってます。それどころか強制契約させられて生活に困窮された人の契約を、これまた契約解除強行した実績も有ります。

簡単とは言えませんが、良心的な病院だと、経済的事情など正当な理由であれば、了承してくれるかも知れません。なんせ実績ありますから。

現状は地域、更に病院が了承してくれる場合、更にはオムツ等を計算すれば、どっちが安いか分からない、といった限定ですが、もし経済的事情を抱えていらっしゃるなら、一度ひとりネットに相談してみて下さいませんか。

入院中の洗濯その他