「生保」カテゴリーアーカイブ

制度外支援の威力と本丸

もうすぐ深夜という時刻に年輩の人が相談に来られました。

怪我をしてるんです。
激痛を伴う状況ですが、ご当人は痛いけど激痛では無いと仰せです。
私はこれは絶対に痛い筈と予測しました。

この人にはご家族が有りますが、遠方なので即時対応が効きません。
更にご当人は中度の認知症です。
それゆえ日常生活は一任頂いてます。

こういう事態は慣れているので、まずは救急相談センターに連絡して、病因を切り分けます。
既往歴、通院状況、接続中の社会資源、すべて把握しています。て云うか全て当方が段取りしました。
中身を知っているので、血栓や動脈瘤を疑ったのですが、相談センタの医療プロいわく「その心配は無い」との事で、ひと安心です。
そして救急対応の病院を教えて貰い、ご当人のご意向を伺いました。
そしたら「大丈夫や病院はイヤだ」と仰せです。

どんな場合でも、当事者の意向を無視する押し付け支援は許されない
そしたら明日の朝まで様子を見て一緒に病院行く?と伺いましたら、煮え切らない。

若くて体力のある人なら明日でも構わない、高齢者は同じように行かないのです。

押し付けはダメでも誘導は良いんです(笑)。
丁寧な説明(しても理解半分だが)を行い、「うん、わかった。○○ちゃんが言うなら病院に行く」と相成りました。
信頼です。信頼が無いと成立しない。

で、結果は大層な状態でした。とてもじゃないが明日に持ち越せる状況ではなかった。急患でスクランブルして本当に良かったです。

(1)
高齢者や認知症の人は痛みに鈍感になっています。
(2)
体力が落ちている高齢者にとって、保険証など医事課とのヤリトリ、Drへの説明、行く工程、帰る工程、すべてにおいて大変な作業です。

今回の場合も、放置すればヤバイ結果を産んだでしょう。

家族がある人は、家族が車を出し、家族が病院と折衝し、家族が事後処理します。

車なんか持ってない、家族が無い、この人達は動くに動けないのです。
これらの状況の究極は孤独死です。

以上の進捗内容は介護や障がい施策に有りません。
制度外領域です。

とある老健の機関紙に「介護屋だけでなく家族も含めたチーム介護が必要だ」とありました。
ね? 家族の居る事が前提になってるんです。

アホ抜かせ!

あなたの人権を侵害する全ての事態を、絶対に許さない。

児童擁護施設を出て孤軍奮闘してる人、家族から遠く離れて孤軍奮闘してる人、色々な事情で家族を失って孤軍奮闘してる人、家族みんなが力を失ってる人へ、連帯のメッセージ。

路上と福祉の分かれ目

シリーズ貧困 – 具体例を寄越せ

シリーズ第1弾(サブタイは無理矢理に「人権」)に御座います。

なかなか貧困について理解いただけません。それは私自身が教わった事に経験を添えて、それを説明するプレゼン能力に欠けている為です。

ほんとに身近な人の具体例です。

(1)
その人は精神疾患を背負って苦しんでいます。世間の物差しで測るなら、今ころは就職してバリバリ働いているでしょう。
幸いなことで、その人は経済的に恵まれています。ストレートに言えば親がカネ持ってます。更に幸いな事は、親が精神疾患に対して理解を持っており、偏見差別意識がありません。
(1-a)
かくしてその人は、精神病院でカウセリングを受ける処まで辿り着きました。後は時間が解決するでしょう。真摯なDRとPSWと理解ある親に囲まれ、経済的な心配不要、つまり衣食住と治療の保証を得て、回復に専念できます。その人は救われる方向に進むでしょう。もちろん紆余曲折あるかも知れません。けれど取り敢えずその人は福祉のレールに載りました。そのひとの人権は守られました。
(1-b)
同じ状況で経済的に恵まれない場合。とにかく明日食う為に働かねばなりません。疾患特有の苦しみで集団生活や強制(?)労働に耐え得ないかも知れません。
(1-b-a)
かくしてその人は、離職を繰り返し、やがて路上に向かうでしょう。人権を失いかけてます。
(1-c)
同じ状況で親に理解の無い場合。これは実際に保健師を職業とする親が、なぜか精神疾患に偏見を持っており、当事者が「楽になりたい」と願って通院を希望するも許可されない。といった定かではないが事実の話です。
(1-c-a)
親がカネ持っていて暫くは安泰の場合、当事者は苦しみ続けますが、取り敢えず生活は維持され、衣食住を失うところへ至らないかも知れません。しかし当事者目線で云えば人権を失いかけてます。
(1-c-b)
親がカネも持たずの場合。(1-b-a)と同じ道。

(2)
ここでいう疾患とは別ですが、一例として誰でも軽い発達障害等は持ってるでしょう。加齢と共に平均化してしまうのでないでしょうか。
(2-a)
半就労半福祉や停止と決定を繰り返す生保で、自立を確保するのは良いアイデアです。
しかし、これを理由に生保へ辿り着くのは至難です。診断書を持ってれば説得材料になりますが、「どうもそんな感じがするので検診命令をお願いします」と申し出て、受理していただくのは困難と予測します。
かくして、(1-b-a)と同じ道。

路上に追いやられる人の一定数に病を抱えてる人が居る筈です。この人達が適切なケアとサポートを得られれば (1-a) と同じ、福祉のレールが確保され、最低限度の生活は保証され、人権は守られるわけです。

これらの話から、刑務所に配置される福祉専門官の存在意味と整合が取れるわけです。取れてるでしょ? 取れてます? ダメかな….

ファシリテーターコースは是非とも受講しないとなりません。交通費が痛いです。

twitter とかでお声掛け頂けますと幸いです。

勉強中の闘う入門者へ。連帯のメッセージ。

消費税と書いて背負う悲税

嘘っぱちの生活扶助相当CPIに始まり、とにかく福祉縮小は国策です。

消費税パンフ
消費税パンフ

ちょっと前に介護職の待遇改善って騒いでたでしょ?
確かに少〜しだけ介護関係の給料は上がりました。
駄菓子菓子!
蓋を開けてみたら単なる受益者負担増でしかなかった。

とある新聞に、消費税増収分と企業減税による減収分の対比グラフが有りました。なんと上手い具合に ≅ プラマイゼロで合致してます。

また、少し古いですが、違う組織の解説では、こんな感じ。
政策解説 消費税増税分〝すべて社会保障に〟のウソ

今度はダメ押しで増税分の使途変更と来た。

ケアマネさん等との付き合いの中で、この私の唱える福祉縮小国策論は信じて貰えません。福祉法人上層が取り過ぎてるんだ、国に金が無いんだ。大手マスコミ情報の鵜呑みです。(もちろん全ての人の意見が同じではない)

生活支援員養成講座と介護相談員養成講座と人権総合講座を受講しました。
断言は出来ません。断言しませんよ。
前2者は「この制度は素晴らしい」論調一色、最後者は「制度の不足・市民の理解不足」論を割と聞いたように感じます。

大学で学んでる人には当たり前の知識だと思うのですが、それでも前者論者は多いんです。私を含め学卒で無い者は社会を洞察する暇が無いですから尚更です。

私の意見は正しいとは考えてません。ただ、福祉を志す人や福祉の現場に身を置く人は、それが間違いだとしても、国家や大企業の思考ではなく、あくまで福祉を享受する人達の側に付いてほしいな。