「命の砦」カテゴリーアーカイブ

大阪府人権総合講座を受講しよう!

「人権」という得体の知れないものについて、多角度から学習できる、大阪府人権総合講座の2019年度募集アナウンスが出ました。

2019大阪府人権総合講座前期

この講座の素晴らしい処は、建前論が少ない事です。
講師の面々は各分野の「前線」「現場」で、今なお活躍される人達です。
人間を研究する大学の先生、被差別で苦しんだ人、難病で苦しむ人、ハンセン病の人、制度外支援構築を成し得た人、ぜんぶ、自らが当事者であったり、前線に身を置く人達。
他にも、まだまだ沢山の前線者が講師陣。

アルビノって知ってます? 知らないの? やっぱり行った方がいい!

介護相談員や生活支援員研修を受けて、白けてしまった人に、なおさらオススメします。
建前福祉のプロパガンダーが説く、くだっらねえ講義とは一線を画してます。

基本的な受験要件は、行政の人権担当や準ずる人達ですが、失業して自分は負け犬だと消沈してる人、生保スティグマで苦しむ人、この腐った現代社会に夢も希望も持てない人。そんな、あなたこそ受講して欲しいです。

現場の良心と正義が残っているのを実感できる講座です。

この講座は、あなたに生きる勇気を与えてくれる筈です。
この講座を受けた私は、今でも闘いを継続しています。死ねば闘う事も出来ないのだから。

受講許可の詳細は前述に問合せて下さい。これ、私が勝手に主張してるだけで、主催者の主張ではありません。

緊急シェルター在ります

生活に困ってアパート追い出された。
会社が潰れちゃって、会社を辞めちゃって、社宅を出た。
既に路上生活やってる。

生活困窮者自立支援に載るにも、生保を取るにも、出発拠点が無い。

そんな人の為に、シェルター用意できました。普通の家です。タコ部屋シェルターと違います。

選択肢の一つとして、生保取得も支援できますが、住所が無い人の場合、タコ部屋シェルター送りとなり、劣悪環境に長く堪えられない人は破綻します。それは行政の思う壺です。

支援できるのは以下の条件の人です。
(1)
生保でも何でも良いけど、地盤を築いて再出発を目指す人。
(2)
生保の場合は生保法を遵守できる人。*01
(3)
金銭管理、体調管理の出来る人。*02
(4)
出来るだけ早期の自立を望む人。*03

*01
受けるからには制約とか義務が必要です。一方的な主張は出来ません。
*02
これを理由にシェルター強要されます。節度を持って下さい。
誤解しないで下さい。うちではパチンコも酒も「辞めて」とは言いません。「節度を持って遊んで」と言います。
*03
行政の云う「自立」と、うちで考える「自立」は意味が違います。
自立の真意

*限定的な提供なので条件がキツイです一度ご相談ください。

大阪府介護保険審査会へ審査請求

前回の続きです。
本日、府のご担当様(大阪府高齢介護室介護支援課利用者支援グループ・名称が長い(泣))に審査請求を受理いただきました。

この PDF は文字列をコピー出来ますから、テンプレとして使えます。内容をアナタの状況に合わせて下さい。添付すべきファイルは本文中に記述してますから、それを参考にして下さい。

審査請求書本体は2部必要です。これを忘れずに。

介護認定は、調査内容が府に上がって、それで決定内容が市へ降りてくるのだと思ってました。
ぜんぜん違ってて、すべて市の中で決まる。
その中で、申立があった場合には府が審査するのだそうです。
こんな基本も知らず、なんともお恥ずかしい話です。

審査の流れですが、まず、府から枚方市へ話が降りて来ます。それに対して市が弁明します。それが私のところへ来るらしい。そして私が異議を表明すれば、今度は、同じ状況を再現しつつ市の調査と同じ事を、府独自で作業するそうです。

曖昧になるとイヤなので、府のご担当様から電話頂いた際、もし市の弁明を府が妥当とすれば、それで終わってしまうの?と、しつこく聞きましたところ、一方的な幕引きは無いそうで、その点は安心です。

区分変更申請書に追記してあったのですが、教えてくれないので、こちらから市の介護保険課に電話して、「介護保険を担当する中の一番偉い位置は何処か」と聞き出し、課長と課長代理の名前を聞き出しました。
「なぜ教えてくれなかったの?」と問うと、「課長代理が処理済ゆえ未回答で良い」としたそうです。
ちょっと○めてますよね。
この電話、録音してます。

どんな結果になるか、さっぱり未知数です。
やるだけやります、否、とことん行きますよ。

今回の当事者は、頼れる親族が居ません。自ら声を挙げる事も出来ません。

だからこそ。