おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字8文字以内)   情報を保存
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

06_障害福祉論

 内容を見れば整備の進捗状況等を紹介しているに留り、文章を見れば「必要です」「努めています」の乱発。
 現状を述べた後の対策が書かれていない、枚方市障害者計画(第3次改訂版)は、計画ではなく報告のように感じた。
 又、障害に拘らず、福祉全般に大切な要素と考えられる、人権についての認識が甘いようにも感じる。
 災害時要援護者支援事業の周知は述べられるものの、人権教育を受けていない者が多数と推測される、自治会への委託である実態は述べられない。これは、私が支援している独居高齢者へ、その案内が送付された折、市障害福祉室へ問合せて、明らかになった事である。形ばかりの本人同意を根拠に、充分な理解が得られていると考え難い一般の自治会へ、個人情報である病歴や障害有無は提供できない。命と個人情報の天秤と言われても、安易な納得へは至らない。
 啓発といった文言が多出する中で、「思いやりを大切に」という一節が述べられる事からも、人権意識を疑う。個人の気持ちの問題で、障害や人権の真の理解と完成は得られるものだろうか。
 偏見は長期熟成され、スティグマは相互作用し、差別の顕著性は法的・制度的なものだとされる。政策の実態をもとに障害者観が形成されるともある。ノーマライゼーションは観念ではなく、全人の義務であると考えたいものだ。
 政策や行政主導に頼るのでなく、当事者自らが、障害者課題を含む人権啓発を、市民に発信して行く事を提案したい。
当事者 2019/07/13(Sat) 18:13 No.99

マルクスレーニンじゃないよ

..です

連投すると新規読者様が嫌がるので次の..さんレスで終わりにしましょう。
(半強制で加入いただきました(笑))

..さん仰せの通りです。だから敢えて抵抗します。
保護の件は(あまり出したくない)保護証明書を、役場に頭を下げて発行して貰い、大学へ提出してます。

それとね、これも..さん仰せの通りです。ちょと裕福な人が「人の為に良かれ」思うて福祉に入ってきます。ここが危ない。だから現場を知らないのです。分かってるようで分かってない。当事者じゃないもの。

福祉の資格を目指してるのは、「支援者と被支援者の軋轢解明」の為です。現場の経験から矛盾は学んでいます。次は理屈から読み解いてみます。大学1学期を終えて感じるのは、福祉教育自体が「建前と「救貧なる上から目線」」です。

あなたの街のCSWはどうですか。「なんだコイツら」と感じませんか。

私は私の意見が偏ったラジカルなのを自認してます。
お金持ちも貧乏も健常(??)も障がい(??)も、それぞれの立ち位置で主張すればいい、その妥結点を探るんが政治屋の仕事。ところが今の日本は違う。

青い芝の会、水平社、当事者自身による共生社会模索が必要。
ML 2019/06/15(Sat) 17:50 No.98

やってる方に悪気は無いんです

主に福祉事務所の対応について献言します。今後にお役立て頂けますと幸いです。

先般、とある生保受給当事者の責任によって、住居の変更がなされました。
その際、福祉事務所より家主側への説明はなされましたが、受給当事者への説明が曖昧で、その結果、必要のない家賃納入が継続され、受給当事者の生活を圧迫しています。
ご存知のとおり、生保は国が定める最低限度の生活を支えるシステムですから、その支給額に大きく食い込む支出は想定されていません。そして、中身は問わず、生活の圧迫に対する責任を福祉事務所は持ちません。

しかしながら特に、高齢や認知症の人は、思考能力も落ちていますから、その場の説明で納得してるよう見えても、その中身の理解は勿論、今後とるべき対応を思考するのは困難です。
それらの相乗結果として、今回の生保受給者は生活継続に困難を来しています。

今後もこのような事態は起こりえますので、福祉事務所職員様に対し、システム内の
事務処理だけでなく、受給者の状況に応じて、「ケースワーク」して頂けるよう啓発をお願いします。

福祉事務所職員様のご多忙や労苦は重々承知しておりますゆえ、職員様を責めるものでは決してありません、しかし、行政という存在、その職員という責務、そして人権に介入できる危険な職権などを鑑みれば、慎重なご対応をお願いせざるをえません。

制度上、この受給当事者に対するこれ以上の救済手段はありません。生活保護制度は最後の砦であります。この事を強調いたします。

以上、職員様の啓発をお願いできますれば幸いに存じます。
脱専門資格主義 2019/06/09(Sun) 18:36 No.97

社会福祉主事任用資格について

 社会福祉主事任用資格は、広く浅く福祉の知識を持つ者の証であり、主たる業務内容から、初期段階の防貧責務を担う者と解釈する。その内容においては、まず現状の貧困進行を停止させ、そこへ陥った人々が抱える困難の原因を、各福祉分野との連携によって解析し、クライアントの再自立を支援する事である。
 一方、この資格に始まる各種福祉資格を取得するには、福祉系の学科を履修せねばならず、貧困の当事者が学びづらい事に加え、その学習内容も、現場の実態を理解するに充分とは思えないものである。従って、現状では、当事者個々の意向を尊重した支援は困難だと考える。
 理論・知識的な側面と、現場の実態(当事者意向)という側面の、両方を理解する事で、支援提供の資格が与えられるべきである。
 現場の経験を蓄積している私は、その上に、理論・知識を融合させ、社会福祉を担える人材へと成長する。これが私の社会福祉主事任用資格を取得する意味である。
 先にも述べたように、現実問題として、学歴すなわち経済力を持たなければ、これらの資格を得られない。これは貧困の前線を知らずに資格者となる事を意味するし、さらに教科書によれば、制度の課題として学習不足が指摘されている。
 今後は、現場実態を理解できる充分な学習内容の提供、経済的な理由なく意欲ある者に平等な学習機会の提供等が必要と考えられる。これが、この資格制度の課題である。
ファシスト 2019/06/07(Fri) 02:28 No.96

寧ろ必然である

部落差別で苦しむ人、在日差別で苦しむ人、障がい差別で苦しむ人、貧困で苦む人、その他あらゆる被抑圧の中より、自らの人権に開眼(即ち他者尊重にも開眼)した者が、人権施策の前衛たるべきで、学歴や縁故系キャリアは不適格。被支援者と支援者の分断が根強い原因は、此処から見い出せませんか。#人権
TOKIO 2019/05/10(Fri) 01:16 No.95

中間層向け福祉に終始する人々

家族資源前提の福祉制度の中では限界がある。

「単身高齢者の****情報は持ってない」と堂々宣言するのだから話になりません。

社協も地域包括も情報を持ってない。
これ、市の資源活用課職員さんでさえ認識してる問題ですよ。

あくまで家族のある人、それなりの金のある人に向けた福祉に終始する人々。

その根幹は国民性と国家福祉が原因ですが、さすが国家資格者、ことの核心には切り込まない。

何の情報であるかは明かしません。これ、うちで、やって行こうと業者さんを交えて話してます。特許でも取っておいて、公的資金が注入されていない、志ありきの団体さんにだけ開放しようかと。
当事者 2019/04/02(Tue) 05:36 No.94

google drive

drive はヘビーアプリなので、うちでは常時稼働PCのうち数台しかアクセスできません。
やはり samba がいい。

して動かない。なんでかな?
aptitude search samba
p argonaut-samba - Argonaut scripts to generate Samba share c
p fusiondirectory-plugin-samba - samba3 plugin for FusionDirectory
p fusiondirectory-plugin-samba-sc - LDAP schema for FusionDirectory samba plug
p gadmin-samba - GTK+ configuration tool for samba
p gadmin-samba-dbg - GTK+ configuration tool for samba (debug)
p gosa-plugin-samba - samba3 plugin for GOsa²
i A python-samba - Python bindings for Samba
v python2.7-samba -
i samba - UNIX 用 SMB/CIFS ファイル、プリンタ、認証
v samba-client -
i samba-common - Samba サーバとクライアントの両方から利用さ
i A samba-common-bin - サーバとクライアントの両方から利用され
p samba-dev - tools for extending Samba
i A samba-dsdb-modules - Samba Directory Services Database
i A samba-libs - Samba の中核ライブラリ
p samba-testsuite - test suite from Samba
i A samba-vfs-modules - Samba Virtual FileSystem plugins
p vlc-plugin-samba - VLC 用 Samba プラグイン

debian9.8 / Xfce1.1.2 / i686
万年初心者リナクサー 2019/03/20(Wed) 23:29 No.93

国家資格者

システムの諸悪根元は国家の福祉軽視であります。いつも思うのですが、子供支援、高齢支援、障がい、貧困、それぞれの分野の人達は「決められた枠内でそれぞれの資源を取り合う合戦に終始してる」こと。福祉全体の資源拡充要求無しに同士討ちをやってても、根本解決は得られない。

これが起こるのは、国家提唱福祉政策の「範囲内」定則の国家資格合格者の発想貧相です。現場の、当事者の、生の意見が反映されてない。これら未来に解決されてるであろう、問題の解決を待っていたら、目の前の当事者はバタバタ死んでしまう。当事者は上から俯瞰してる連中用の人類史モルモットと違う。
おそ松 2019/03/15(Fri) 02:50 No.92

libdvd-pkg: Unpacking and configuring...

HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 366824 (358K) [application/octet-stream]
`libdvdcss_1.4.2.orig.tar.bz2' に保存中

libdvdcss_1.4.2.ori 100%[=========>] 358.23K 333KB/s 時間 1.1s

2019-02-28 00:32:56 (333 KB/s) - `libdvdcss_1.4.2.orig.tar.bz2' へ保存完了 [366824/366824]

libdvd-pkg: Checking orig.tar integrity...
/usr/src/libdvd-pkg/libdvdcss_1.4.2.orig.tar.bz2: OK
libdvd-pkg: Unpacking and configuring...
libdvd-pkg: Building the package... (it may take a while)
root 2019/02/28(Thu) 00:36 No.91

福祉分断を越える当事者の連帯を

全国に散在する生活が苦しい人達よ聞いて下さい。

長いあいだ苦労されてる皆さん、これまでに種々なる方法と、多くの人々によってなされた皆さんへの支援が、あなたの生活に何ら向上をもたらさなかった事は、それらの全てが、あなたによって、又、いわゆる支援者によって、つねに人間を冒涜されていたが故だったのです。

そしてこれらの、あなたをいたわるかのごとき支援は、かえって多くの皆さんを枠にハメさせ、医学モデルの強要と格差の固定を、承允させられた事を想えば、このさい、私達の中より人間を尊敬する事によって自己決定権を行使せんとする人が、一緒になって今後のあるべき福祉の形を考え始めるのは、むしろ必然ではないでしょうか。

皆さん、
私達は、自由、平等の切望者であり、志向者であります。
自己責任なる怪物が支配する、抜けるに抜けれない階級政策の犠牲者であり、産業的忍従者なのです。

ちょっとばかりの減免の報復として、生々しき人間の価値を剥ぎ取られ、国家貢献なる似非義務を果たせない代償として、暖かい人間の心を引裂かれ、そこへ下らない偏見や差別を吐きかけられる、呪はれた日々のうちにも、なほ誇り得るあなたという人間は涸れずに在るのです。

私達は、卑屈なる気持ちと自己諦念の行為によって、友人や自分を辱しめ、人間を冒涜してはいけません。

そうして、上からの支援が、どれほど現場知らずの当事者性の無いものであるか、人間をいたわる事が何であるかを、よく知っている私達は、真の共生社会へと繋がる希望の光を求め、人間の尊さや暖さが大切にされる、格差や差別のない世の中を願いたいと心から思うのです。

皆さんは、かくして生れ変わる。

地域や社会に熱あれ、あなたの人生とじんかん(人間)に光あれ。
ガガーリン 2019/02/27(Wed) 00:17 No.90

- LightBoard -