緊急シェルター在ります

生活に困ってアパート追い出された。
会社が潰れちゃって、会社を辞めちゃって、社宅を出た。
既に路上生活やってる。

生活困窮者自立支援に載るにも、生保を取るにも、出発拠点が無い。

そんな人の為に、シェルター用意できました。普通の家です。タコ部屋シェルターと違います。

選択肢の一つとして、生保取得も支援できますが、住所が無い人の場合、タコ部屋シェルター送りとなり、劣悪環境に長く堪えられない人は破綻します。それは行政の思う壺です。

支援できるのは以下の条件の人です。
(1)
生保でも何でも良いけど、地盤を築いて再出発を目指す人。
(2)
生保の場合は生保法を遵守できる人。*01
(3)
金銭管理、体調管理の出来る人。*02
(4)
出来るだけ早期の自立を望む人。*03

*01
受けるからには制約とか義務が必要です。一方的な主張は出来ません。
*02
これを理由にシェルター強要されます。節度を持って下さい。
誤解しないで下さい。うちではパチンコも酒も「辞めて」とは言いません。「節度を持って遊んで」と言います。
*03
行政の云う「自立」と、うちで考える「自立」は意味が違います。
自立の真意

*限定的な提供なので条件がキツイです一度ご相談ください。